就活面接で「休日はどのように過ごしていますか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

プライベートな質問です。もちろん面接官はあなたのプライベートな部分に口出しをしようと思っているわけではありません。休日の過ごし方から、人間性や価値観を知ろうとしています。ここでは、趣味がある人や休日に毎回やることが決まっている人にとっては有利な質問です。逆に休日をだらだらと過ごしてしまう人にとっては答えづらい質問です。しかし、嘘をついてまで回答する必要はありません。どのように答えれば自己アピールに繋げる事が出来るのか面接官の意図を確認しながら見ていきましょう。

 

質問の意図

「受動的」「能動的」、どちらのタイプかを知りたい

どのようにリラックス、ストレス発散しているのか知りたい

自分の時間をどのように使っているか知ることで人間性を見たい

 

ただ休日を目的もなく過ごしている学生よりも、何かの為に時間を使っている学生の方が印象も良くなります能動的」な面をアピールできる過ごし方があるかどうか考えてみてください。

まずは、だらだら過ごしてしまう人はどのように答えるのがベストなのか。回答例を見てみましょう。

 

<パターン①>「ある日の休日をあげてみる」

回答例
「休日によって過ごし方は異なるのですが、先月は地元のお祭りに参加しました。若手の男子は神輿を担ぎ、3時間かけて2キロ先の神社を目指します。例年、参加する若手も少なくなっていますが、私は地元が好きでその日だけは必ず参加するようにしています。地域の人との交流も出来きる為、今後も大切にしていきたいと思っています。」

 

いかがでしょう。面接官は「わざわざ地元に帰って祭に参加する」→「能動である」と捉えるでしょう。また、地元の人との交流を喜んでいる様子からコミュニケーション力も期待できる、というように「プラス」の面をアピールすることが出来ます。

 

単に休日の過ごし方を語るより、特定の休日の出来事を語る方が自己アピールしやすいかと思います。あくまでも、休日の過ごし方から見えてくるあなたの「プラスの部分」を伝えるようにエピソードを選定しましょう。

 

<パターン②>「継続している事を挙げてみる」

回答例
「休日はゆっくり湯船につかるようにしています。日頃は講義とアルバイトでシャワーだけで済ましていますが、休日はリラックスできる時間を作る為、30分は入浴するようにしています。入浴することで睡眠の質も上がり、健康にも良いと聞き、1年前から続けています。」

ポイントは「継続して行っている事」です。内容は大したことではなくても、意味があると思って続けていることは「継続力」のアピールに繋がります。

 

NGな回答例

・だらだら過ごす

・趣味がない

・ギャンブル

・意味のない過ごし方(ただyoutubuを見ている、ただTVを見て過ごす)

 

好印象な回答例

・何かを極める為の時間

・勉強、資格習得の為

・体を動かす

・こだわりの趣味

・前向きな時間の使い方(~を克服するため、~に興味がある為)

 

最後に

いかがだったでしょうか。休日の過ごし方のアピールの仕方がお分かりいただけたでしょうか。企業は様々な質問の中から何よりも人間性を重視しています。企業が求める人間性がどんなものなのかを想像しながら回答を考えるように心掛けましょう。積極性、前向きな回答をすることがベストです。



scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png” alt=”友だち追加”
height=”36″ border=”0″ />

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る