就活面接で「あなたのストレス解消法を教えてください」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

「リラックスする方法はなんですか?」「あなたのストレス解消法を教えて下さい」など、面接の際にストレスの対処方法について聞かれることがあります。面接官にとって学生がどのような場面でストレスを感じ、そしてどのように対処しているかは重要な関心の一つです。近年は、うつ病で休職や離職する人も多く、ストレスに対しての対処法をきちんと自分で理解しているかどうかを確認する企業は非常に多いのです。「この学生は入社してからもしっかり仕事をやり遂げてくれるな」という印象を面接官に持ってもらうにはどのようなポイントで回答するのがベストなのでしょうか。質問の意図と回答例をもとに見ていきましょう。

質問の意図

「自分なりにストレスの解消法をもっているか」
「入社後のストレス耐性はあるか」
「長く勤めてくれる人物か」

面接官は世間話としてこの質問をしている訳ではありません。学生は入社後、環境の変化や知識不足、対人関係など様々なストレスを感じる状況が想定されます。その中で、しっかり仕事を任せられるかどうかは、ストレス耐性の有無が重要になります。ストレスを感じる事は当然のことです。自分なりにストレスに対して対処する方法を「知っている」「認識している」かどうかで面接官への安心感は変わってくるのです。

 

どのように伝えれば「安心感」を持ってもらえるか?
ポイントはNG例を避ける事です。この質問に正解はありません。しかし、面接官に「本当にそれでストレス発散できるの?」「そんなことして大丈夫なの?」と思わせる回答は避けるべきです。相手に想像して共感してもらえるかどうかが安心感につながります。まずはNG例を見てみましょう。

NG例
・ギャンブル(パチンコ、スロット)
・一日中寝て過ごす
・お酒を浴びるほど飲む
・友人に愚痴を言ってスッキリする

この中で、友人に愚痴を言うというのはありがちな回答のように思われますが、他人に自分の愚痴を言うと言う事は、相手にストレスを与える要因にもなります。そして、愚痴を言ってばかりの社員も会社にとっては雰囲気を損ね、周りのやる気をなくしてしまう要因にもなります。面接官の心象を意識するとこの回答は避けた方が無難です。

それでは、印象の良い回答を見てみましょう。

(回答例)
「私のストレス解消法はテニスです。中学から高校まで軟式テニス部に所属していました。大学に入ってから、体を動かす機会が減り昨年から地域のコミュニティーのテニスサークルに参加するようになりました。週に一度の楽しみとして、体を動かすことで日々のストレスのリセットになっています。社会人のなってからも時間を見つけて続けていきたい趣味でもあります。」

(評価のポイント)
ストレス発散方法がスポーツというのはある意味王道の回答です。医学的に見ても体を動かすことはストレス発散に繋がることもあり、安心感が持てます。また、社会人になってからも趣味の時間を大切にしたいという意志も、メリハリをつかえた働き方に期待が持て好感が持てます。

最後に
いかがだったでしょか。近年は企業にとって「働き方改革」等、従業員のライフバランスを意識した取組みも多くみられるようになりました。その中で、どのようにストレスと向き合っていくかは、学生に確認したい重要な項目です。面接に備えてこの質問の回答はしっかり準備しておくのが賢明です。



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る