就活面接で「あなたの名前の由来を教えてください」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

面接の場で、「あなたの名前の由来を教えてください」「自分の名前についてどう思いますか」と言うような質問をされることがあります。面接官は、コミュニケーションの一つとして質問をする場合もあります。例えばあなたの名字や名前が珍しい場合、興味を持って質問してくることもあるでしょう。そして、その質問からどのように自分をアピールすることが出来るのか、「会話の広がり」にも期待している部分が大きいのです。今回は、「あなたの名前の由来を教えてください」と質問された場合の回答を見ていきましょう。

 

面接官の意図

「その場で考えて答えられるか」という状況対応力を見ている

「家族との関係性を見ている」

「コミュニケーション能力を測っている」

 

攻略のポイント

・まずは由来を知る

人間性、人柄をアピールできるエピソードを探る

あだ名やその由来のエピソードもネタにできる

・今の自分にどのような影響をもたらしているのかを伝える

 

「好きなアナウンサーランキング1位の水トアナウンサーに学ぶ!!」

以前あるテレビ番組で自己アピールの際、自分の苗字についてこのように発言していました。

「私のミウラという名前ですが、皆さんが想像する三浦半島のミウラではなく、水にカタカナのトのような字を書いてミウラと読みます。その為あだ名はミトちゃんでした。肉好きだった私は、そこからミートちゃんと呼ばれていました。あだ名がつらいような気もしますが、それがきっかけでみんなに笑顔になってもらえることが私は嬉しいです。」

珍しい名前をきっかけに、具体的なエピソードを上げる事で自分の人柄をアピール出来ていますよね。前向きで明るい性格、誰からも慕われるような資質を備えているなという印象が持てます。

 

「分かりませんは避ける」

ここでは、自己アピールの一つとして是非頑張って回答してください。分かりません、知りませんではせっかくのチャンスを逃してしまいます。自分の名前の由来を知ることは、自己分析の一環でもあります。ちなみに、筆者の「瑠美」という由来を母親に聞いてみると、「響きが好きだったから」でした。正直、「なんだその単純な理由は…。」と思ったのですが、よく聞いてみると、「私(母)の名前がやす子って漢字も中途半端だし、かわいくないでしょ。だから響きのかわいい2文字で、字画の多い瑠っている字にしたの」とのことでした。よくよく聞いてみると、母親の思いがそこにはあったんだなと嬉しく感じました。単純な理由の由来でも問題ありません。そこから自分がどう感じたのか、現在の自分に何らかの影響があるかなどを踏まえて回答してみましょう

 

それでは、回答例を見ていきましょう。

 

(回答例)
私の名前は、「歩」と書いてあゆむと読みます。子供の頃母親に尋ねたことがあったのですが、父がどうしてもつけたかった名前だそうです。その由来は、一歩ずつ努力を惜しまずに人生を歩んでほしい、将棋の「歩」のようにいつしか「金」になって輝いてほしいという思いが込められていたそうです。小さい時は、いつかは金になるんだよね、と言ってよく「ト金ちゃん」と愛称で呼ばれていました。仕事一筋な父は、努力があってこそ今の自分がいると口癖のように言います。そのような思いから、私にこの名前を付けてくれたのだと思っています。私も名前に負けないように、また努力を重ねてきた父に負けないよう、努力を惜しまず、一歩ずつ目標に向けて努力していきたいと思います。

(評価のポイント)

まずは、自分の名前の由来を知っていて、そこにどのような両親からの「思い」があるのかを感じ取っていることに好感が持てます。その思いに対して、現在の自分がどうなのかを伝える事が出来ています。家族とのつながりも感じ取れる回答になっています。

 

最後に

いかがだったでしょうか。自分の名前の由来からどのようにアピールポイントに繋げていくのかお分かりいただけたでしょうか。まずは、自分の名前の由来が何なのか聞いてみてください。そして、そこから自分の人柄をアピールできるものを探して伝えられるようにしましょう。



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る