就活面接で「入社してから会社に合わないと感じたらどうしますか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

これは、ストレス耐性について確認するための質問です。
「実際に入社してみないと何とも言えない」というのが本音ですが、企業は長く続けて働ける人を求めています。
この質問の答えを間違えてしまうと「嫌なことがあるとすぐに諦めてしまう人」と判断されてしまう可能性が高いので、注意が必要です。

 

質問の意図
どれだけストレスに耐えることができるかを確認しています。
また、社会人としての仕事に対するプロ意識が備わっているかどうかの判断材料にもなります。
「合わない場合はすぐ辞める」というような回答をすると、「嫌だ=すぐにあきらめる」との判断を下されやすいので、ストレス耐性が低いと判断されます。
苦手な人に対しても、逃げずに向き合っていく覚悟があることをしっかり伝え、社会人としての資質が備わっていることをアピールできるようにしましょう。

 

それでは実際の回答例をみてみましょう。

悪い例

学生A「合わなければ一刻も早く転職すると思います。」

学生B「合わないと思っても三年は続けます。親からもそのように言われています。」

学生C「合わなければ、配置換えをお願いするか、もしくは、合わせてもらえるようにお願いします。それでも改善していただけない場合は、次の企業を探すと思います。」

解説
ストレス体制の有無は非常に重要視されます。近年離職率の高さにどの企業も頭を抱えています。どんなスタンスで仕事と向き合っているのか、仕事に対してどのような価値観を持っているのかを確認しています。上記のような答えでは長く続けてくれるかどうかに対してプラスなイメージがありません。

 

良い例
合わないと感じた時点で、どのようにすれば「合わせることができるのか」を考えます。最初の時期は特にそのような心境になりやすいと覚悟していますし、逆に合う事の方が難しいように思います。自分自身が成功体験を得られるようになったとき、やりがいを感じることができると思います。ですのでその日が来るまで、自らの成長スピードを意識して前向きに取り組んでいきたいです。

解説
自分自身を客観的に見ることができ、また物事を他人のせいにしない人間性も評価できます。何事も「合わなかった」と決めてあきらめてしまうことは簡単ですが、自分自身を振り返りながら結果を出してからが始まりだという貢献心も評価の高い回答です。

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る