就活面接で「あなたにとってライバルとは何ですか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

面接で「あなたにとってライバルとはどんな人ですか」「あなたにはライバルがいますか」など競争相手がいるかどうか、意識している人物がいるかどうか聞かれることがあります。一般的にはライバルがいる事は、目標達成のスピードやモチベーションを維持するためにも良いことであると認識される点でこの質問がされると考えられます。それでは、どのようにアピールすれば面接官の心をつかむことができるのか回答例を見ながら考えていきましょう。

 

質問の意図

「ライバルを意識してどんな能力に磨きをかけてきたのかを知りたい」

質問の意図を的確に理解せずに、「アルバイト先の同期は明るく、仕事も早く、周りからの信頼も…」とライバルの人柄だけ伝えてしまってはアピールの機会を逃してしまいます。その人物の能力に対抗し、自分のどんな能力の向上に磨きをかけて切磋琢磨してきたのかを具体例を挙げながら伝える事が重要です。

 

攻略のポイント

・何の能力を伸ばした、磨いたのかを明確に!

ライバルがいる事で自己成長できたかどうかがポイントです。何の能力を伸ばすことが出来たのかを明確にかつ簡潔に答える事が出来るようにしておきましょう。

ex)
・ライバルには~の面では勝てないと思ったので、~の能力で自分の良さを伸ばした
・ライバルの~という技術に勝つため、~の力を身に付けた

 

・どんな事を課題にし、どう取り組んだのかを伝える

ライバルを意識することで、どんな課題が自分にあるのかを俯瞰して捉える事が出来ているかがポイントです。成長する為に足りない能力分析し、どのように克服したのかを伝える事が出来ればアピールに繋がります。

 

・ライバルの悪口は言わない

気を付けなければならないのは、ライバルを悪く言って面接官の心象を下げてしまうことです。ここではライバルを褒めるくらいの気持ちでポジティブに答えるように心掛けましょう。

 

それでは回答例を見ていきましょう。

 

(回答例)
私のライバルはテレアポのアルバイト先の同僚です。お互いにライバルだと言い合える関係性の中で日々営業成績を競い合っています。私と違ってライバルの彼は、営業トークが得意で対応力も群を抜いてトップレベルです。私は丁寧な接客と親身になって答える対応力が強みでした。しかし、一人にかける時間が長いという課題もあり、一人でも多く受注を頂くためにも、マニュアル以外に営業成績のいい先輩に独自のアドバイスをもらったって実践したり、接客時間を増やすためにライバルより早く出社し、やるべきリストを作成し効率的に業務に取り掛かれるように行動しています。ライバルは自分の成長スピードを上げるためにも、私にとってとてもプラスになるものだと実感しています。

(評価のポイント)

ライバルが自分にとってプラスの要素として働き、自己成長に繋がっていること理解できます。また、丁寧な接客と親身になって答えるという対応を強みとし、課題に対して効率化を測る努力も覗えます。何をどう考え、どのように行動したのかが具体的で評価されます。

 

最後に

いかがだったでしょうか。中には自分のペースを大事にしたいという理由から「ライバルはいない」という人もいるかもしれません。そんな時は、「いません」と答えても問題ないかと思います。しかし、ライバルがいなくても自己成長できる何かがあることを伝えられるようにしておきましょう。



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る