就活面接で「アルバイト経験から何を学びましたか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

あなたは仕事に本気でぶつかり、仕事内容から離れて職場を眺めたことはありますか?
アルバイトは社員との触れ合いが大きく、会社の中での立ち回りや社員の苦労が見えることもあるでしょう。
自分が会社の一員であるということ、社会に立っているという責任感を持ということを意識し、自分の責任を全うして、会社と地域の原動力として働いているという自覚をもって振り返ってみてください。
そして、社会人として学び深められたことをアピールしてください。

 

質問の意図
アルバイトへの取り組みを見れば、仕事への取り組みが図れます。
面接官は、この質問であなたが「何かを学べる人か」を探ろうとしています。
何かを学び取っている学生は、「社会人になってからも成長してくれそう」という評価につながります

 

ポイント

・アルバイトを通じて学んだこと(結論)から話す

・結果ではなくプロセスに重点を置く

「なぜその行動をしたのか」が相手に分かるように説明する

・学んだ経験を今後の社会生活でどう活かせるかアピールする

 

それでは実際の回答例をみてみましょう。

悪い例
はい、私はホテルのレストランでアルバイトをしていました。その中で学べたことは、テーブルマナーに詳しくなったことです。
お客様がスムーズにお食事できるためにも、テーブルマナーは非常に大切だと思います。
また、食器を下げるタイミングなどを注意することで、ストレスのない食事の提供に心がけるなど、しっかりと勉強して学べたと思います。

解説
アルバイトの中から経験して学んだことは今後のいかなる仕事にも精通していることが前提となります。この場合、テーブルマナーに詳しくなったことは飲食業界を希望していない限りアピールにつながりません。仕事に前向きに取り組む姿勢は評価されますが、もっとどの「仕事」にも生かせるようなスキルをアピールしましょう。

 

良い例
はい、私はホテルのレストランでアルバイトをしていました。その中で学べたことは「お客様から要望をされる前に察知し的確なサービスを提供する」ということです。
例えば、お食事された食事を下げるタイミングや次の料理を出すタイミング、グラスの交換など、食事を楽しんでいただくために、自分は空気のような存在になりお客様の居心地と空間を提供することに徹底してきました。そのために、常に意識はお客さまに向け、視線ははずし少しの変化に敏感になることを意識しました。
同僚からは、「後ろにも目が付いているみたいだ」と言われたことがあります。

解説
同じことですが、最初の「お客様から要望をされる前に察知し的確なサービスを提供する」という結論は、どの企業にも通用するアピールになっており、評価されやすいです。
このような切り口に変えるだけで良いアピールになります。

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る