就活面接で「当社は、土日が休みではありませんが大丈夫でしょうか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

飲食業界やアパレル等、サービス業を中心に土日休みではない企業は増えてきていますが、日本の企業の8割以上は土日休みです。
土日休みでない企業は、会社説明会や求人情報等に記載されているので、事前にしっかりと確認しておきましょう。
この質問に回答する際は、大丈夫かどうかより、大丈夫だという理由の方が重要になってきます。基本的には会社説明会で聞いているので問題ないと思いますが、大丈夫な理由を伝えて安心感を与えると効果的です。
大丈夫な理由を伝えるために、土日休みのメリットとデメリットを理解しておと、安心感を与えられる回答が出来るはずです。

 

土日休みのメリットとデメリット

メリット
・役所・銀行・郵便局等の平日しかいけないところへ行ける
・病院に行きやすい
・遊園地・映画館・美術館などがすいている
・観光地やリゾート地等は、平日の方が旅費やサービスが安くなる
・飛行機・新幹線等のチケットがとりやすい
・休日を一人で満喫できるデメリット
・土日に開催しているようなライブやイベント等行けない
・結婚式に行きづらい
・子供の運動会の参加が難しい
・家族や友人との休みが合わせにくい
・連休が取りにくい

独身の場合は大丈夫でも、結婚や子供など、家族が増えた場合デメリットが大きくなるので、退職理由につながる場合もあります。
家族など、踏み込んだ質問をされる場合があるので、「現在」だけでなく、「将来」についても回答できるようにしておきましょう。

 

それでは実際の回答例をみてみましょう。

悪い例
土日が休みじゃなくても大丈夫です。全然問題ありません。

解説
なぜ大丈夫だと思うのか、まで伝えてください。これでは、本当のところはどう思っているのかの判断ができかねません。
土日が休みではないことを、どう感じているのか、きちんと言葉で表現してください。

 

良い例

学生「大丈夫です。平日の方が役所や銀行などの手続きに休みを取らなくて良いですし、遊びに行っても人が少ないので、ストレスを感じることが少ないと思います。」

面接官「結婚したらどうですか。」

学生「現時点では問題ないと思っています。平日は周りが仕事をしている方が多い分、子供とゆったり出かけられますし、子供が小学生に上がったら、長期休暇を取って家族サービスができれば一番いいと考えております。」

解説
要は「こういう理由だから大丈夫です」ということを伝えてください。理由がしっかり伝われば、人事は安心します。

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る