就活面接で「当社に対する意見や提言などを聞かせてください」と質問された時の対策回答例文 1月20日 20:05

スポンサーリンク

企業について何を調べたか、考えているか問われています。応募先企業がどんな方針で、何のビジネスをどう行っているのかについてしっかり研究し、あなたがそれについてどう思うのか、自分なりの意見を整理しておきましょう。
ここで問われているのは、答えそのものより「なぜ」そのように答えたかというあなたの考え方になります。失礼にならなければ、率直な意見で自由に回答出来ますが、面接官をを納得させられるだけの論理構成で話をすることが求められています。この質問は学生のレベルの差がつきやすい質問でもあるので注意しておきましょう。

 

面接官が確認していること

しっかりと理解を深め、考えているのか
事業内容に関心をもって深く考えたことがあるか、自分なりに意見を伝えることが出来るを図ることが出来ます。企業について十分に理解しているか、鋭い洞察が出来るかという点が重要になってきます。批判だけになっていないか
答えが単なる批判や批評家に終わらず、自分が当事者としてかかわる姿勢があるか、仕事と結びつけて考えているかを知りたいと考えています。
意見や提言は文句とは違うので、境界線が難しいところです。応募者の発想力・想像力・表現力
疑問を持つことと伝え方がポイントになります。
「申し訳ありませんがよくわかりません」「特にありません」等という答えにならないように、志望度の高い業界についてはしっかりと考えておくようにしましょう。

 

それでは、実際の回答例をみてみましょう。

悪い例

学生A「良い会社だと思っていますので、特に意見はありません」

学生B「時代の流れを鑑みると御社の経営理念の○○は少し時代遅れなような気もしますがいかがでしょう?」

解説
「自分の考え」と「伝え方」がキーポイントになってきます。
学生Aの回答では面接官がわざわざ質問をする意味がなくなってしまいます。
学生Bは、意見なのかもしれませんが、自分の考えを主張しているにすぎないと思われる可能性があります。
批判的な意見だと、面接官もいい気はしないですね。

 

良い例
私は御社の「新しい価値の創造」の真意を、御社の社員の方に伺って大変感銘を受けました。私が御社を志望する強い動機にもなりました。
もし何か提言させていただけるとしたら、私自身がこの真意を聞いて「ここで働きたい」と感じましたので、他の学生にこの話を知ってもらう方がより企業の本質を感じることができるのではないかと思います。企業説明会、もしくはホームページなどでもっと打ち出してもよい内容ではないかと感じました。

解説
相手を不快な気持ちにさせずに、自分の意見を言うというスキルはビジネスにおける交渉の場や社内の会話の中でも高度なスキルです。ですので、今回のような質問に対しても、相手にストレートに意見を言うのでがなく、伝え方を意識した表現で伝えられるかどうかがポイントになります。

 

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る