就活面接で「志望動機は何ですか(福祉・教育・人材業界)」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

福祉・教育・人材関係はここに注目!

これらの業界に共通しているのは、ベンチャー的な性質を持っていると言う事。
つまり、新たなビジネスフィールドでシェアを切り開く可能性を大いに秘めているところです。
よって何をしたいかという「キャリアビジョン」を明確に持っていることが第一条件です。

また、企業によって業務内容や理念、社風が大きく異なる為、表面的な企業研究はすぐに見抜かれてしまいます。
人との関わり、サービスが大きい業界である為、何を重視している企業なのかを見極め、自分のビジョンと照らし合わせて考える力が必要です。

 

福祉・教育・人材関係の志望動機のアピール方法

 

①やりたい仕事でアピール

回答例
「御社のヘルスケア事業の仕事に是非取り組みたいです。この仕事に興味を持ったきっかけは、学生時代高齢者介護サービスセンターでボランティアをやっていて、御社の社員○○様と知り合ったことがきっかけです。」

ポイント

実際に働く社員から影響を受けたというアピールは、企業にとってはよりリアルな事情や働く環境を心得ていると思われるため安心感が増します。しかし、それだけではアピールにはなりません。どんな話から、どんな仕事をやりたいと思ったのか、その能力や素質についても検討出来ているかがその後お質問で問われます。

 

②行動力でアピール

回答例
「私は御社の教育コンテンツ事業に大変興味を持っています。御社を志望するようになったきっかけですが、私は教育関係の企業100社を比較研究しました。実際に参加した会社説明会も30社を超えます。この結果、御社を第一志望とさせていただいております。特に魅かれたのは、「偏差値重視の進路指導でなく、将来付きたい仕事に合わせた進路指導を重視する」という理念が着実に実行されているところです」

ポイント

比較研究の企業が100社という数は圧倒的で、より自分が求める企業を徹底的に追及している姿勢が評価できる。どのような点に注力して志望企業を絞ったのかを簡潔に述べる事が出来ればベスト。また、この後「理念」がどのように実行されているかを具体的に話す必要がある。

 

③インターンシップでの経験でアピール

回答例
「御社のキャリアサポート事業部の業務にてとても関心があります。特にやりたい仕事は企画営業です。その理由は、ある人材系企業のインターンシップで企画営業の仕事に就き、非常にやりがいを感じたからです。私のインターンシップでの成績は、一か月で新規契約4件、トータルで700万の売り上げを立て、トップになりました。御社の企画営業は独自のコンサルティング手法で定評がありまさに私がやりたい仕事です。」

やりたい仕事が何かが明確で、実際に好成績を収めている点でも期待が持てる。しかし、本当に志望企業の仕事内容を正確に理解しているかどうかが、この後の質問で「揺さぶり質問(出来る学生に欠点はないかどうか質問する)が出てくるはず。企業研究の精密さと、志望企業が必要としている能力に照らし合わせて評価が進んでいくと考えられる。

 

その他のアピール方法

■OB/OG訪問でアピール

「大学の先輩で御社で働く○○様にお会いして、仕事の心得、必要なの能力について伺い…」

■志望企業との関わりでアピール

「御社が主催した医療シンポジウムに参加し、とても感銘し…」



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る