就活面接で「新商品を作るとしたらどんなものがつくりたいですか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

商品開発や研究職で質問される可能性が高い質問です。現在の業界や市場の状況を踏まえた、的確な回答が求められています。
この質問は、前もって考えておかないと、うまく答えにくいのが特徴です。
新商品開発を意識することが、その企業に対する「準備」になるので、企画・開発・研究職をする場合、質問される可能性を考慮して、面接前にしっかり対策を立てておきましょう。

 

質問の意図
とっさに質問されたとき、抽象的に答えることが出来ても、具体的に答えるのは難しい質問なので、応募者の姿勢を見ることで、企画力・発想力・問題解決力が分かります。企画やアイデアを、具体的な形として準備できているかどうかの確認をしたいと考えています。
素人知識でも良いので、持ちうる知識と知恵を総動員させ、具体的な企画を考えておきましょう。

 

説明に含めるべきポイント

①企画を思くのに、どういった経緯があったのか

②その新商品・新サービスによって、世の中のどんな問題が解決できのか

③その結果、企業にどんな利益をもたらのか

時間をかけたと分かる具体例の方が印象に残るので、出来るだけ手の込んだ企画を練っておきましょう。
鋭い着眼点をアピールすると同時に、企画力・発想力・問題解決力もしっかりアピールできるようにしておきましょう。

 

それでは実際の回答例をみてみましょう。

悪い例
まだ入社もしていないし、知識もありません。ですので新商品を作るなんてことは想像できません。御社でしっかりと学んで、そこからヒット商品を生み出していきたいです。

解説
新商品について提案できないということは、考えていない(能力がない)と捉えられてしまいます。志望する部署が、発想力や新商品を生み出す部署である限り、「自分だったらこれを実現したい」という意欲を示してください。逆に答えられない場合は、「なぜこの業界を選んだのだろう。」と思われてしまいます。

 

良い例
私は御社で、お手頃価格で高級感のあるスイーツの開発をしたいと思います。近年は男性でもスイーツ好きを公言する人が増えてきているきているので、幅広い層に手に取ってもらうことで、日本の経済の活性化にもつながると考えています
具体的には、プロのパティシエと共同開発したり、日本独自の食材を使って、本場のスイーツを日本人の嗜好に合わせた新しいものを作っていきたいと考えています。

解説
このポイントは自己満足に終わらなことです。その製品を開発することで、市場にどんなインパクトがあるのかを見据えていというアピールにつなげることが大切です。この視点を持っている人こそが商品開発では必要なのです。

 

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る