就活面接で「どうしてA社ではなく当社なのですか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

就活生の皆さんの中には既に一次面接でこの質問にぶち当たり、答えに困ったという人も多いのではないでしょうか。
志望先にこだわる理由を一生懸命話しても「それって他社でもできるよね?」と返されてしまうようでは、採用の決め手にはなり得ません。
この質問で、企業の採用担当が確認しているポイントを理解していきましょう。

 

質問の意図

この質問は「しっかりと業界・企業研究をしているかどうか」チェックするものです。
志望動機を問うだけでは「御社の●●という事業に興味を持った」という内容でも十分ですが、「なぜうちなのか?」という質問は同じ業界で似たようなビジネスをしている企業がいくつもある中で、なぜ弊社を志望するのかを問うことが出来ます。
そのため、該当する業界や競合他社についても研究する必要があります

 

ビジネスモデルに注目

同業他社にはない応募先企業の特徴を述べ、自分の経験や強みが活かせるポイントと関連付けて答えましょう
そのためには、応募先企業の業界内での位置づけや、競合他社との違いを把握しておく必要があり、企業研究をしっかりしておきましょう。
注目すべき点は「ビジネスモデル(事業の仕組み)」の差異です。
業界のなかで企業ごとの特徴を把握し、対立軸を見つけて考えてみましょう。

主な対立軸
・法人向け/個人向け

・高額/低額

・国外/国内

・自社部品/外注部品

・高所得者向け/中低所得者向け

・チームプレー/個人プレー  等

 

自分の考えを持つ

お世辞で褒めたり、美辞麗句を並べてり、同業他社を非難することはNGです。
その企業で「何がしたいのか」、「どのように貢献できるのか」を具体的に述べるとよりよい回答になります。
また、どこの企業にでも当てはまる回答や、給料等の条件、企業の安定性・知名度などを動機とすることも避けた方が無難です。
答えを考えるベースとして、「この業界には●●いうやり方と▲▲というやり方があり、その中で●●という方法を採っている御社を××という理由で選んだ。」ということが出来ればいいのです。

(参考)

■業界分析・企業分析の有力情報源
・日経テレコン21(有料・情報検索WEBサイト)、SNS

・日経新聞、朝日新聞、専門書、業界本、企業情報雑誌

・会社HP、OB訪問、工場店舗見学

 

それでは実際の回答例を見てみましょう。

悪い例
子供の時に食べていたのが、御社の○○だったからです。A社の△△も食べたことはあります。しかし、私は御社の商品の方が味もパッケージも好みでした。実際に会社説明会で比較させていただいたところ、御社の方が丁寧な対応と分かりやすい説明をして下さったので、そちらも決め手になりました。

解説
企業研究においてライバルとなる企業の研究、業界の動向は必須です。その中で、誰もが答えられるであろう回答では、面接官は比較ポイントが弱い、企業研究の精度が低いと感じてしまいます。企業研究で得た業界ならではの比較や具体的なネタが必要になります。

良い例
御社はいち早くアジア、特にカンボジアでの事業展開を推進し、M&Aを同企業の中でも瞬くようなスピードで推し進めています。まさしく業界のリーディングカンパニーとして着々と事業基盤を強固なものとしてグローバルに展開しています。現在、医療業界でアジアで実績を出しているのは御社だけです。私は、日本だけでなく世界で通用する企業で働きたいです。それがA社でなく、御社を志望する理由です。

解説

志望する動機が非常に明確であるのが伝わります。企業研究において志望する企業が他社と比べて何が強みなのか、他社にないものは何なのかがしっかり把握できている点が評価ポイントです。最後は志望動機と繋げて伝えられているところもポイントです。

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る