就活面接で「知っている範囲で当社の事業内容を説明してください」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

企業研究をしっかりやらなければ答えられません。思い込みやイメージだけでとらえていると、見当違いな説明になってしまいます。
この質問にどのように答えるのかが、合否に大きく関わってくるといっても過言ではありません。
面接官がどのようなポイントを重視しているかを考えてみましょう。

 

社会人として、事業内容・業務内容・職務内容の使い分けは非常に重要です。まずは、違いを理解しましょう。

事業内容:会社が行っている仕事

業務内容:会社の各部署が行っており、事業の中で発生する一部の仕事

職務内容:会社の個々の社員が担当する仕事

事業内容は、ほとんどの企業がHPに記載しています。しっかりと読み込んでおいてください。

 

質問の意図
面接官は重視しているポイントは3つあります。

企業に対しての関心度
企業研究をしたうえで、どこまで理解しているのか?で応募企業への関心度を見ています。
近年では、HPやSNS等でかなりの情報が得られる状態ですので、ほとんど答えられないというのは問題外です。企業研究の際に事業内容はしっかり把握おきましょう。説明する際の話し方
内容以外に顔の表情や言葉遣い等の話し方を見ています。事業内容を把握していなければ、途端に自信がない表情になる学生がいます。そうならないためにも、話す内容をまとめて練習しておくようにましょう。

説明する際の話の展開のさせ方
収集した情報をきちんと自分の中で整理できているか確認しています。相手に分かり易く伝えられているかでコミュニケーション力を見ています。普段から相手への伝え方を意識して話すようにして心がけましょう。

 

それでは実際の回答例を見てみましょう。

悪い例
お客様を笑顔にする仕事だと思っています。
そのために、お客様が望んでいる最新のニーズをいち早く察知する能力が必要です。日々の生活にアンテナを張って、それらの情報をキャッチできるように心がけなければなりません。

解説
よくある学生の回答です。誰にでも答えられる回答で、質問の真意を理解できていません。面接官が確認したいのは、きちんと自社の事業内容を理解して志望しているかどうかです。企業研究において、ホームページだけでは得られない情報を網羅しているかどうかもポイントになります。

 

良い例
御社の事業内容は、主に衣類全般を中国の工場で生産し、フランチャイズ契約している全国の店舗に卸す仕事です。
最近では、インターネットでファッションウェブショップの価格比較サイトを立ち上げて運営しています。
そして、常に新しいトレンドを把握し、それぞれの個性にあった情報を提供できるように追求し続けることだと認識しています

解説
生産から販売までのプロセスをきちんと理解できています。また、最近の動向も逃さずチェック出来ているので、好印象です。
重要なのは、事業内容を正確にとらえているかどうです。
企業側とのズレがないように、認識しておきましょう。

 

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る