就活面接で「当社に落ちたらどうしますか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

面接が進むと、このような不採用をほのめかすような質問をされる事もあります。
この質問は、就活生の本気度を確認する質問です。
わざとプレッシャーをかけるような質問をし、反応の仕方で人間力を測られています。
「不採用という意味ですか?」と抗議口調で聞き返すのは、悪い印象を与えてしまいます。
また、「気持ちを切り替えて次に進みます」という回答も、入社意欲が希薄なだけでなく、短絡的な思考の人だと判断されてしまいます。
では、どのように回答すればいいのでしょうか?

企業側は入社意欲を確かめたい
就活では、複数企業に応募するのが一般的です。内定を得て、給与や待遇条件が出そろってから最終的な判断をするという人も多いため、企業側はリスク回避が必要です。
入社辞退を避けるためにも、この質問で採用にかける意気込みが、どれほど真剣なのか見られています。
面接に臨む際は、第二志望であっても「絶対に入社する」という気持を持ち、ブレずに最後まで粘り強く入社意欲を伝えましょう。
また、長期的なビジョンがほかの方法でも達成できる柔軟性があるか、志望企業に固執しすぎていないかバランス感覚も問われます。リスク対応が出来ているか見られているので、普段から批判的に物事を考えてみて、マイナスの質問にも対応できるように心がけていきましょう。
しかし、裏を返せば、自分は簡単にあきらめるような人間ではないというところをアピール出来る質問でもあります。
動揺せずに回答できるように注意しましょう。

それでは実際に回答例を見てみましょう。

悪い例
気持ちを切り替えて、他の企業に向けた対策をすると思います。なぜ落ちたのかをきちんと整理することが大切なので振り返りはきちんと行います。

解説
回答としては決して間違った回答ではありませんが、ここでは、「前向きな気持ち」をアピールしてもらいたいです。

良い例
私は御社が第一希望です。ですので可能であれば再度チャレンジさせて頂きたいです。なぜ不採用なのかをお聞きして、徹底的に克服して受かるまでチャレンジできればと思います。

解説
実際に何度もチャレンジできるかどうかは別として、「前向きな気持ち」「どうしても入社したいという熱意」を伝えることが大切です。志望意欲の高さは面接官が評価する上でも優先順位の高い項目です。
実際に、このようなアピールで内定を勝ち取った学生もいます。是非思いをアピールする場にして下さい。

 

 

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る