就活面接で「あなたの夢は何ですか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

就活の面接では、「あなたの夢は何ですか」「あなたのキャリアビジョンは何ですか」という質問をされることがあります。いくつか答えが浮かぶ学生、全く思いつかない学生と様々ではないでしょうか。どのように答えれば面接官の心を捉える事が出来るのか。この質問の意図を理解し、何を伝えるべきなのかポイントを踏まえてご紹介していきます。

 

質問の意図

学生のビジョンと人間としての深みを確認している

企業は、学生がどんな夢、ビジョンを持っていてそれが志望動機と矛盾がないかを確認しています。また、社会に対する理解度、学生の「器」の大きさ地頭の良さ人間的なパワーもみる事が出来る質問です。

 

攻略のポイント

・目標を持って取り組む力があることをアピールする

・その目標に対して既に努力していることをアピールする

・夢やビジョンが幼稚なものでなく、実現可能で社会性を備えている事、志の高さが窺えること

 

それでは具体的な例を見ていきましょう。

 

「悪い例」

学生「将来の夢は地元で一番の会社を作ることです。その為にはどんな部署でもトップの成績を残すことが重要だと考えます。また独立するにはお金を必要ですし、人脈作りも大事になってくると思います。」

面接官「そのために、今何を準備していますか」

学生「いや、これから準備を…。」

(評価できないポイント)

今から準備できること、または進行形で準備できる内容にしてください。今できる事を後回しにしているようでは評価につながりません。

 

「良い例」
将来の夢は、新しいサービスを生み出すことです。
御社のサービスにも出産から介護まで人生に関わる大きな出来事に特化した様々なサービスがあるかと思います。
私はその中でもシングルマザーが抱える問題を解決できるような情報やサービスコンテンツを作りたいです。
私は、就活を機に人生を振り返りました。
感じるのは、母への感謝です。
シングルマザーで私を大学まで通わせてくれました。しかし、経済的、健康的不安から十分に経済的支援が受けられない家族も多いように感じます。
ですので、このようなサービスで少しでも社会に貢献できればと考えています。
現在は、さらにより人の心に寄り添える仕事ができるように心理カウンセラーの資格の勉強中です。」

(評価のポイント)

企業にとって新しい物を生み出すという夢は評価に繋がります。またそれが社会貢献になる事で会社への貢献にも繋がります。現在進行形で、どんな努力を行っているか具体的に説明出来ていることがポイントです。

 

最後に

いかがだったでしょか。「夢」や「キャリアビジョン」はどのように努力して実現しようとしているかが重要であると言う事がお分かりいただけたでしょうか。目標を持って取り組むことができるかどうかの評価は、どの企業も重要視している「資質・能力」でもあります。志望企業の将来像と方向性に沿ったものであれば理想的です。漠然としたものでなく、具体的な内容で伝えられるようにしっかり準備しておきましょう。



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る