簡単な資格・小規模コンテストも受かる自己PRになる!

スポンサーリンク

難易度が高い資格や、全国規模のコンテストでなくても、高い評価が得られる自己PRは出来ます。
誰もが唸るような資格やビッグイベントでなくても、志望企業の仕事に役立つスキルや知識、行動特性を軸にアピールすれば、高評価の自己PRになります。
それでは、実際の回答例をみながら、考えてみましょう。

 

簡単な資格を取得

回答例
私のモットーは努力することです。私は、やるときめたことは諦めずにコツコツと努力します。その中でも、一番力を入れていることは、資格の取得です。直近では、秘書検定2級、簿記3級、文書処理能力検定3級を取得し、取得済の資格が10種類を超えました。現在は、さらなる向上と御社の仕事に役立つようにと、簿記2級と建築業経理士2級取得の勉強をしています
入社後は、この資格とモットーで頑張りますので、よろしくお願いします。

解説
①資格取得を年間2つ以上のペースで行っていることのPRはインパクト大
ネット上の受験で簡単に取得できる資格や1週間~1か月程度の勉強で取得できる易しい試験でも1年に2つ以上のペースで取得していれば、評価は上がります。
志望企業の仕事に役立つ資格であれば、さらに好印象を与えられるでしょう。

②勉強中の資格を述べると向上心のアピールになる
取得した資格を述べた後、勉強中の資格を述べると向上心のPRにもつながります。

 

アルバイト先での自主的なコンテスト

回答例
私の座右の銘は、切磋琢磨です。私は、アルバイト先で教育リーダーを任されているので、既存メンバーも新人メンバーも仕事に対して興味を持ってもらえるように、様々なコンテストを企画しました。主な内容は、飲食店でのアルバイトをしているので、接客担当は「笑顔」、調理担当は「盛り付け」、そしてお店全体として活気のある「発声」を意識して、笑顔No.1コンテスト、盛り付けNo.1コンテスト、発声No.1コンテストを開催しました。そのお蔭で、メンバー同士の競争心とお互いを認め合う意識が生まれ切磋琢磨しながら一丸となることができ、全国でもトップクラスの評価を得ることができました
御社の仕事も、仲間と切磋琢磨しながら、成果を上げたいと思います。

解説
アルバイト先で自主的なコンテストを行うとPRネタができる
アルバイトメンバーで、売上向上や顧客満足度向上、仕事のスキル向上などにつながるコンテストを行うとたくさんの自己PRネタができます。
小さな企画でも週2回行えば、1ヶ月で8回、3ヶ月で24回も行え、インパクトも増します。
社員に相談して企画・実行して、実行力・向上心・企画力などをアピールしてみましょう。

 

取得が簡単な資格や、アルバイト先や自分たちが自主的に行った小規模なコンテストならあなたにもアピールできることがあるのではないでしょうか?
ない場合も、この程度なら今からでも間に合います。ぜひ実行してみてください。

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る