就活面接で「志望動機は何ですか(小売業界)」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

スーパーやコンビニなど、私たちにとって身近なサービスである小売業。
学生時代にアルバイト経験で実際に働いたことが志望動機に繋がるケースは多いはず。
しかし、そこからどのように志望動機に繋げれば面接官に響くアピールができるかという点で頭を悩ませる学生が多いのではないかと思います。
どんな視点から志望動機のアピールに繋げればよいのでしょうか。

 

小売業界はここに注目!

視点を消費者と売る立場の両方から見てみる!

学生にとって身近なサービスである小売業は、消費者の立場から「こんな売り方をしたらもっと買うのに」という意見と、アルバイトなどの経験から「こんな工夫(品揃え、レイアウト、サービス)をしたらさらに売れるのに」という売り場つくりの提案の二通りを考えておくこと
その為には、店舗を実際に数多く回る、時間帯を変えてみる、時期を変えて回る、変化(季節感を出す)を見る、そしてライバル店舗との比較など様々な見方かをすること大切です。
志望動機で差を付ける為には、どのような能力で活躍できるのかをアピールしなくてはなりません。
新しいアイデアを生み出し、常に消費者の購買力を高める工夫をアピールすればより面接官に「実際に働く姿」をイメージしてもらいやすくなります。

 

それでは、複数のアピール方法の回答例を見ていきましょう。

 

①やりたい仕事でアピール

回答例
「御社の○○様のようなセールスマネージャーになりたいと思ったのがきっかけです。私は学生時代アルバイトをしていましたが、接客力や販売力にもっともっと磨きをかけ、売り場経営についても学び、一日も早く信頼される社員になります。」

ポイント

・やりたい仕事を述べ、目的意識の高さをアピール

・接客の事だけでなく、社員として期待されている役割も盛り込んだ

・決意表明で、熱意をアピール

 

②やりたい仕事と店舗見学でアピール

回答例
「販売の仕事を通して、人に直接喜びを与えたいという思いがきっかけです。これを基準に30社以上の会社説明会に参加し、理念や今後の方向性をうかがいました。そして各社の店舗を回り比較研究した結果、御社に一番惹かれました。例えば、同じ商品のコーナーを比べ、御社の売り場が一番季節感があり、お客様が楽しそうに買い物をしています。また、御社独自のサービスコンテストの一部を拝見させていただきましたが、接客レベルや商品説明のレベルがとても高く、わたしもそのような接客が出来るようになりたいと心から思いました。」

ポイント

・行動力をアピール

・具体例を盛り込み、説得力を高めた

・この後、社員としてどんな仕事がしたいか具体的に述べていく

 

③店舗見学とOB・OG訪問でアピール

回答例
「御社の店舗を8店舗周り、御社の地域1番店への取り組みが着実に実行されていることを感じたからです。競合店の価格踏査を細かく行っている事、授乳室にミルク用のお湯が準備されている事、バリアフリー化がトイレにも行き届いている事など、他店との違いを実感しました。OB訪問した○○店の○○様は手話の資格を持っており、英会話と韓国語会話もご自身で勉強されているとのことでした。私も○○様に負けないくらい高いプロ意識を持った社員になります。」

ポイント

・他店の店舗を見学した行動力をアピール

・具体的に他店との比較を行い分析している

・決意の言葉を述べ、熱意をアピール

 

その他のアピール方法

■アルバイト経験から身に付けた能力をアピール

「私は衣料品ショップでアルバイトをしており、販売のコアを厳しく教わりました。そして…」

■インターンシップの経験でアピール

「私はインターンシップで食品売り場を担当させていただき、やりがいを感じました。特に~。」



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る