就活面接で「当社の店舗をどう思いますか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

金融や流通などの店舗を持つ企業が質問することが多い内容です。
志望度が高ければ、事前チェックが大前提!店舗見学をすることで、求人情報からは読み解けない様々なことが見えてくるはずです。
店舗見学は一店舗だけでなく、複数店舗を見て回ってみてください。近隣にフラッグシップショップがある場合は、必ずチェックしておきましょう。
訪問した店舗が多ければ多いほど、共通点が分かりやすくなるため、具体的に答えやすくなります。

 

質問の意図

面接官は、この質問で志望する企業への興味・志望度を見ています。また、店舗のどこに注目して、どんな印象を受けたかなど、応募者の着眼点や考え方を見ている場合もあります。
店舗訪問をしていない応募者より、した応募者の方が、より強い就業意欲を感じるのは当然です。できる限り、事前にお店に足を運ぶようにしましょう。
どうしてもいけない場合は「なぜお店に行けないのか、いつ行こうと思っているのか」を言えるようにしておきましょう。
金銭的な理由でいけないというと、「投資するに値しないレベルの志望度」ということだと、企業に思われてしまうでしょう。

 

見学の際にチェックするポイントを決め、確認するようにしましょう。

チェックするポイント

気になった商品
「気になった商品はありましたか?」という質問をされる事がありますので、気になった商品名と気に入った部分はどこかをメモしておきましょう。

 

接客方法
接客の仕方でよかった点はどこなのか?なぜそう感じたのか?意識してみておきましょう。

 

改善点
どうしたらもっと良くなるのか?という前向きな改善点も積極的に考えてみましょう。

 

競合店のチェック
「競合はどこだと思いますか?」という質問をされる事もあります。ショッピングモール等で同フロアにある店舗似たようなテイストや価格帯の近隣店舗は競合店の可能性が高いので、確認しておきましょう。

見学した時の様子をだらだらと話すのは好ましくありません。チェックしたポイントを簡潔にまとめて話せるようにしておきましょう。

 

それでは実際の回答例をみてみましょう。

悪い例
学生A「オシャレで人気のある店舗だと思います。」
面接官「実際に店舗をご覧になったことはありますか。」
学生A「いや…あのーないんですがネットで確認しました。」

解説
ネットで調べるだけでは意欲は伝わりません。特に、店舗を持っていて実際に目で確認できる企業であれば行くことで入社意欲をさらにアピールできます。確かに今はネットや口コミで様子は確認できますが、実際に自分の目や肌で感じたこと、目の当たりにしたエピーソードを付け加えることで説得力が増します。

 

良い例
吹田市と豊中市にある店舗はすべて行かせて頂きました。まず接客に対する意識の高さを感じました。先輩社員と思われるスタッフが後輩の指導をしていたのですが、丁寧なフォローとアドバイスをしている姿にとても好感を持ちました。さらに、後輩の指導をしつつ、周りの接客に影響を与えない気遣いを感じました。指導している際は、ほかのスタッフが接客をフォローするというスタイルは広く周りを見ていないとなかなかできないことかと思います。それを周りのスタッフが自然に行えていたので会社説明会で話されていた「一人ひとりの接客スキルの高さが自慢」というのは本当なんだなと感じました。

解説
複数訪問することは意欲の高さにつながります。何に興味を持って訪問していたのか、どんなことに関心があったのかが伝わりやすい回答です。学生が接客スキルをどのようにして身に着けているのか、そのスキルは本当に高いのかどうかに興味があることが分かります。きちんと「企業研究」して臨んでいることが分かります。

 

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る