就活面接で「今までで一番の失敗は何ですか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

面接の質問では「あなたの一番の失敗は何ですか」と聞かれることがあります。恐らく様々な失敗の経験を思い浮かべると思いますが、どの経験を話せばいいのか迷いますよね。面接の質問には、必ず「質問の意図」があります。面接官が求める学生の資質能力を十分理解した上で答える事が大切です。

質問の意図

・苦境におけるメンタルを確認
仕事において失敗は付き物です。学生が失敗から立ち直る事ができるのかメンタル面をチェックします。

・失敗をどのように乗り越えたのかその力・能力を知りたい
困難な状況において、学生がどう問題と向き合い、どのように行動したのか。その時の問題解決力をチェックします。

・失敗から何を学んだのか
失敗から何を学んだのか、学生が失敗を糧にできる人物か、前向きに取り組む姿勢を持っているかチェックしています。

攻略のポイント

・仕事にも活かせる経験談を選ぶこと
料理の失敗やおっちょこちょい的な失敗談を選んでも、単なる失敗談で終わってしまい、重要な次に活かせる経験には繋がりません。選択するエピソードは社会的に活かせるものを厳選しましょう。

・失敗の経験を分析する
何故そのような事が起こったのか、何が原因だったのか、次に生かすためにどのような努力が必要なのか。このように課題解決の為に必要な説明が出来るように理論立てて伝える事がポイントです。

・失敗から学んだこと、次にどう活かすのかを着地点に話す
失敗から何を学び、どう成長することが出来たのかを伝えて初めて自己アピールになります。この部分をしっかり押さえて伝えるようにしましょう。

論理的に伝える型
①●●という経験(失敗)があります。
②(原因)~という事が最大の原因でした。
③(解決方法)~という方法で問題を解決しました。
④この経験から~という事を学びました。この経験を~に活かしていきたいです。

それでは具体例を見ていきましょう。

(悪い例)
学生「はい、私はプレゼント選びの失敗です。友人の誕生日プレゼントに自分では相手が喜んでくれるだろうと思ったものでしたが実際は不評でした。自分が欲しい物をあげてしまったからです。」
面接官「他に失敗した経験はありませんか」
学生「大学入試の際、志望する大学に入れず、今でも後悔しています。法学部ですが今でもあまり興味が持てません。」

(評価できないポイント)
失敗のレベルが低い事。その他の経験に対しても前向きでなく、仕事においてもやりたくない仕事はこのようなモチベーションで行うのだろうと企業は不安を抱いてしまいます。どのように失敗を乗り越えたのかを伝えられるエピソードを選択しましょう。

(良い例)
アパレルで接客のアルバイトをしていた時、お客様から「買う気がなくなる」と言われたことです。マニュアル通り笑顔で接すれば大丈夫と、仕事を安易に考えていました。お客様が何を求めているのか、どのようなタイプのお客様なのか、事前に探る努力を怠りお客様目線での仕事が出来ていなかったのが原因だと思います。それ以降は、販売資格の文献を10冊読んだり、上司に接客の満足度を上げ販売促進に繋がるのか相談しながら仕事を進めるようになりました。その結果、2か月後の営業成績はその店舗で1位の売り上げを達成することができました。経験のなさを知識で補い、できる先輩にアドバイスを乞うことでスピード感を持って仕事に取り組む大切さを学びました。

(評価のポイント)
仕事に直結するエピソードで、実際の仕事のスタンスがイメージできます。文献を十冊と数字を具体的に使うことで努力の度合いを知ることもできます。失敗から何を学び、どう行動したのかがアピール出来ていて評価に繋がります。

最後に
いかがだったでしょうか。今まで一番●●だったことは何ですか、という質問は面接の場でよく登場します。どれもあなたが仕事へ対するモチベーション行動力を問われる物になってくる質問です。自己アピールの場になるので、評価に繋がるエピソードを選び、志望する企業が求める能力・資質を持っていることをアピールできるように準備しておきましょう。



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る