就活の面接で好感度をグンとUPさせる女性にオススメの髪型

スポンサーリンク

就活の中で最も気を使わなければならないのが身だしなみ。
相手に失礼のないように外見を整えることです。
その中でも髪型は合否を大きく左右します。メイクもそうですが、髪型で人の印象がガラリと変わります。
見た目が人に与える印象は55%だそうです。
自分に合ったヘアスタイルはもちろんですが、面接で好感度も持たせるためのポイントがいくつかありますので、是非参考にして下さい。

①印象を左右する「前髪」
ポイントは眉毛にかからないようにすること。
前髪は眉が隠れると、陰気な印象になり面接官に内向的なイメージを持たれやすくなります。
お辞儀をする際にも邪魔にならないようにサイドに流すか、眉上で前髪を作りましょう。
面接では会釈やお辞儀の機会も多く、毎回髪の毛を扱っていたら面接官に与える印象も悪くなります。

②おでこを出す
前髪もそうですが、おでこを出すように意識することで雰囲気が明るく伝わります。
ショートの場合も前髪は横に流し、サイドは耳にかけるか見えないようにピンで留めすっきりさせましょう。
また前髪の短い人やパッツン前髪は避けましょう。幼く見える上に、ビジネス向きではありません。

③髪の色
就活では黒髪にしましょう。よく見かけるのは黒染めのムラが目立つ学生です。光の当たる部屋では目立ちます。ムラが目立つと清潔感が損なわれますので、黒染めは自分で染めるより美容院で染めることをお勧めします。

④ロングの場合(髪の毛の止め方)
ロングの場合は清潔感を出すために後頭部下あたりの低いポニーテールがお勧めです。
黒ゴムで止めてしまうだけでは身だしなみが不十分です。派手ではないバレッタやシュシュを使いましょう。また巻き髪は面接には不適切です。あくまでも個性は立ち振る舞いや発言で表現しましょう。
また、ミディアムヘアの長さはハーフアップも好感が持てます。ロングでは重たくなりますが、肩より少し下の長さ程であれば、耳の後ろのラインで束ねるとよいです。

⑤髪をまとめれない長さの場合
ボブやショートなどの場合は、耳にかけ顔の輪郭が見えるようにしましょう。
前髪をピンで止めてしまうと幼くなるので、ワックスやスプレーで横に流しましょう。
お辞儀の際に崩れない程度が目安です。

また、ショートの場合は寝癖やハネに気を付けましょう特に後ろはチェックしておかないとうっかりハネたままということも。またボブの場合は、後頭部にボリュームを持たせるようにスタイリングすることで明るく爽やかな印象を出すことができます。

最後に
就職活動においての髪型は普段と比べ、他の人と差を付けて個性を出すことが少し難しいかもしれません。重要なのは、自分をどのように見せたいのか、企業研究でイメージを作る事が大切です。企業によって好まれる髪型も変わってきます。
まずは、志望する企業がどのようなイメージを好むのかを研究しましょう。



scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png” alt=”友だち追加”
height=”36″ border=”0″ />

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る