就活面接で「当社と〇〇社の違いはなんだと思いますか?」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

面接では、志望する会社だけの知識では乗り切れません。実際「あなたの志望動機、やりたいことはどの程度本物なのか」それを確認するためにこのような質問をします。学生の志望意欲が高いほど、熱意があれば当然企業分析もしっかりやってきているはず。そこを掘り下げた質問が今回のように「他社(ライバル)と比較して答えて下さい」という質問になる訳です。したがって、企業分析をする際は他社(ライバル)企業との違いを理解しておくことが必須です。

 

質問の意図

・他社と違いを理解しているかどうかで、志望動機、企業分析の「深さ」を確認している

・他社ではなく、この会社でないといけない理由「根拠」があるかどうかを確認している

 

攻略のポイント

ライバル会社がどこなのかを把握しておく

②他社との優位点がどこなのか、差別化出来ているところはどこなのかを把握しておく

③他社との違いを説明する際、自分なりの着眼点で考えを伝える

④単なる違いではなく、自分の志望動機やビジョンに繋げて説明する

(例:他社にはない御社の○○という点が、今後自分がビジョンを実現するために最も大切である。だから御社を志望する)

⑤熱意を伝えるには、WEBやホームページでの情報だけでなく、OB・OG訪問で実際に自分の足を使って得た情報であれば、より評価に繋がる。

 

それでは回答例を見ていきましょう。

 

回答例
まず、御社は○○社に比べ圧倒的に信用度が高いと思います。それはM&AやIPOの機会も豊富で、各業界を左右する経済が大きく反映される企業だからです。金融業界ではその信用力を背景とした規模の経済が発揮されると思います。○○社はまだ自社の成長段階であるとM&Aに対しては消極的で地盤を固めている段階です。先日、御社の○○様に御社の魅力を伺った際、「優秀な人材が多く集まり、また育てる環境と材料が揃っている」とおっしゃっていました。これは、様々な機会を多く経験していることから、多くのデータやエキスパートが確保でき、実務上のスキルやスピードに関してもより効率よく行えているからこその実績であると感じました。私が目指す投資業務のエキスパートになるという夢を実現する為、信頼とスピード感を持った御社で是非働きたいと思っています。

 

評価のポイント

他社との違いが「信用度」というのはやや抽象的に聞こえるが、その根拠が詳しい事業内容やOB訪問でカバー出来ている。実際にOBに話を聞いたことで説得力が増し、その内容が目指す姿に重なっている事がイメージできる。

 

最後に

いかがだったでしょうか。志望する企業の企業研究においてライバル企業の研究もかなり重要だということがお分かり頂けたでしょうか。他社と比較することで、より志望する会社の長所や短所も客観的に知ることが出来るようになります。事業展開、将来性、強みを他社と比較しながら説明することで、志望理由に説得力が増します。企業研究では、この「他社との比較」のポイントを欠かさずにチェックしておきましょう。



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る