就活面接で「当社の仕事はハードですが耐えられますか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

面接の終盤になると、このように学生に揺さぶりをかけてくる質問が飛び出します。多くの学生は、「うちの仕事はハードだよ、大丈夫?」「残業もあるし、ゆっくり休めないよ?」などと言われて、前向きな姿勢を見せようと「大丈夫です」と答えるでしょう。しかし、面接官の質問の意図を考えると「大丈夫です」と答えるだけではNGです。大丈夫である「理由」が重要になってくるのです。今回は、このような質問をされた時、どのような回答をすれば評価に繋がるのか、回答例を踏まえて見ていきましょう。

質問の意図
「仕事をする上で、覚悟が出来ているかどうかを確認している、入社する意志を確認している」

近年、入社後3年以内に離職する割合は3人に1人と非常に高い確率で人材が離れてしまう事が企業の課題となっています。その中でも、仕事内容のハードさから辞めてしまうという理由も少なくありません。企業は、入社後のミスマッチを防ぐためにもこのような質問をすることがあります。
まずは、仕事に対しての覚悟をきちんともっているかを見ます。その中で、志望企業の仕事内容をきちんと理解していなければなりません。
次に自社への志望度の高さを見ています。仕事を理解した上で、それでも頑張りたいという学生は非常に評価が高いと言えます。

攻略のポイント
・前向きに答えるのが大前提
大変ですよと言われて、「そうなんですか…。」と言葉に詰まってしまっては論外です。覚悟が出来ていないと判断されてしまいます。あくまでも、前向きに頑張る姿勢をアピールしてください。

・「仕事はきついもの」と理解しているというのもNG
楽な仕事はないという前提として答えてしまっては、どのくらい頑張れるのか、どんな姿勢で取り組もうとしているのかという前向きな姿勢が伝わりません。信憑性を持たせるためにも、より具体的な回答でアピールしましょう。

・~をやってみたい、~にやりがいを感じる、など自分の夢や目的の為にこの会社で働きたいという意志を伝える
辛いことやきついことがあっても●●の為ならやり遂げられるという「理由」を加える事で信憑性が増します。仕事内容を正しく理解していることが前提で、企業研究の中で自分自身の働く姿をイメージできているかどうかも重要です。

・やり遂げられる「根拠」が大事
今まで困難を乗り越えてきたえエピソードを踏まえて、「だから乗り越えられます」と言える根拠があればそれをアピールしましょう。大切なのは面接官に「この学生なら大丈夫」と思わせる事ができるかどうかです。

それでは回答例を見ていきましょう。

(回答例)
耐えられます。御社の仕事は数字と原稿の締め切りから「時間との闘い」だと認識しています。正確さとスピードを求められ、早い段階で独り立ちするように求められることから仕事はハードになると言う事は理解しているつもりです。しかし、私自身「ありがとう」という言葉が自分の何倍ものエネルギーになることを学生時代の経験してまいりました。その上、自分の作った原稿がたくさんの人の目に触れ、情報源となってその人たちの生活の一つとなると言う事に、わくわく感を抱いています。ですから、耐える自信があると言えます。

(評価のポイント)
重要なのはその仕事への理解、取り組む姿勢です。回答例は、経験をもとに自分が大切にしている事を踏まえ、根拠となる理由を述べる事が出来ています。また、志望する企業の仕事内容と自分自身がどのような気持ちでその仕事に取り組もうと考えているかをアピールすることが出来ています。

最後に
いかがだったでしょうか。仕事はきつい物だとわかっていてもいざ面接の場で言われると自宅に帰ってからも不安に感じてしまう学生もいるかもしれません。しかし、面接官は「志望する意志」をしっかり確認したいと思っています。覚悟をもって働く意思があるかどうかをアピールできるように、仕事内容からどんな働き方をしたいのかもう一度イメージしてみてください。



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る