これで完璧!面接の正しい入室マナーの7つのステップ

スポンサーリンク

面接での第一印象は合否を大きく左右しますマナーを習得していない学生はすぐに悪目立ちしてしまいます。

初めての面接の際は、必ず次の流れを覚えて実際に練習してから面接に挑みましょう!

 

それでは入室の7ステップをご紹介していきます。

 

【ステップ1】ドアを3回ノックする

名前を呼ばれたら大きく「はい」と返事をし、ドアを3回ノックします。(2回は空室確認の為、面接の場合は3回)

甲をドアに向け、中指でノックするといい音になります。

【ステップ2】面接室に入る

「どうぞ」と言われてから「失礼します」と元気に言ってドアを開けます。

面接官に向かって「失礼します(会釈)」この時アイコンタクトを忘れずに。

【ステップ3】ドアの閉め方

一礼した後、面接官に背中を見せないように両手でノブを閉めます

バタンと閉めないように、静かに閉めましょう。

【ステップ4】元気よく挨拶

面接官の中央を向き、ドアの前で挨拶をします。

「本日は宜しくお願い致します」

アイコンタクトを忘れずに、元気よくハキハキと。

【ステップ5】ドアの前でお辞儀

挨拶の後は、一礼します。

面接官の中央に向かって、45度一礼(1秒静止)

【ステップ6】イスの横に移動し、名乗る

イスの横まで姿勢正しく移動し、

「●●大学の山田太郎です。宜しくお願い致します。」と元気にハキハキと名乗りましょう。

名乗り終えたら、再度45度一礼(1秒静止)

この時、言葉とお辞儀が同時にならないように注意しましょう。

【ステップ7】イスに座る

「どうぞお座りください」と言われてから座ります。(深く腰掛けない)

その際、「失礼します」と会釈(15度)してから座りましょう。

カバンはイスの横に縦置きにするか、イスの脚に立てかけましょう。

男性は、軽くこぶしを握り視座の上に置き、女性は両手を重ねて膝の上に置きましょう。

 

練習が必須!!

緊張を和らげるには実際に練習しておく事です。

イメージトレーニングで頭では分かっていても、実際の場になると緊張して上手くいかない場合もあります。

頭でなく、実際に練習して体に身に着けてから挑むと、自然な立ち振る舞いが出来るはずです。

また、7つのステップの中で最も重要なのは元気よく挨拶し、しっかりと面接官とのアイコンタクトを取ってコミュニケーションできるかどうかです

面接の入室については何より練習しておくことで乗り切れます。緊張と振る舞いの順序で頭がいっぱいで、面接官とのコミュニケーションがぎこちないものにならないように心がけましょう。



 

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る