就活面接で「あなたは人からどう見られていますか?」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

基本的には友人やアルバイト先の先輩、大学やゼミの教授などの評価を話してください。
人から指摘されたことのあるセールスポイントを述べ、その具体例を挙げられれば、高評価につながるでしょう。
指摘した人が、友人よりもアルバイト先の社員や大学の教授など、社会人の方がより説得力が出ます。
自己満足ではなく、他人に対して貢献できる長所や他人から見た場合に意識的に気を付けるべき短所を述べるようにしてください。

 

質問の意図
あなたが周りの人に与えている一番大きな影響の種類を見ることで、本当の長所や短所、性格的な特徴を知ることができます。客観的評価ができている人は、自己分析もできており、かつ自分自身の強みと弱みを把握している人材だと判断されます。
あなたが認識している強みと周囲の評価がずれていないか、客観的な視点を持つことができているかを確認するための最適な質問です。

 

ポイント

・仕事において活かせる内容を挙げる

・自己PRの長所とリンクさせる

・ネガティブな回答は避ける

・主観的ではなく、客観的な観点から回答し、具体的な経験やエピソードを語る

周りからどう思われているか、他人から見た自分を意識して、具体的なエピソードを交えて説得力のある回答をしましょう。自己分析が出来ていれば、自然と一致するはずです。
短所に当たる内容の場合は、「○○という部分は短所だと自覚しているので、今後はそこを改善していくために××という行動を心掛けるようにしています。」という改善に前向きな姿勢をアピールしてください。
ポイントは、自分を客観視できていること、また、それを受け入れ、長所に結びつけることです。

 

それでは実際の回答例をみてみましょう。

悪い例
はい、私は周りから「芯が強い」と言われます。
ディスカッションなどで発言した場合、自分の意見を変えずに、最後まで押し通すところがあるからだと思います。我が強すぎて嫌煙されてしまう場合もあるくらいです。

解説
これではマイナスの印象を与えます。短所だと自覚しているので、どう改善していくのかまで伝えられれば、評価につながるかもしれませんが、出来るだけ長所につなげてアピールしてください。

 

良い例
はい、私は人からよく「頼りになる」と言われます。
人がやりたがらないことでも率先して引き受けることが多いので、頼りにされるのだと思います
一方では「お人好し」と言われることもあるので、何でも引き受けるイエスマンになるのでなく、善悪をしっかりと見極めて行動できるように心がけています

解説
プラスのアピールとマイナスの改善意識がバランスよくアピールされています。
客観的に自分自身を捉えているので、面接官に「自己分析が良くできている」という印象を与えられるでしょう。

よく聞かれる質問の模範回答10

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る