就活面接で「面接官の私をあなたが面接してください」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

面接の際に、突然「それでは、今度はあなたが私を面接してください」と言われることがあります。
恐らく多くの学生が「えっ…そんなこ事突然言われても、何を質問したらいいだ」と戸惑ってしまうでしょう。
面接では、想定していない質問に対して臨機応変に対応できるかどうかは、面接官の質問の意図をしっかりと理解できるかどうかがポイントになります。
「どうしてこんな質問するんだろう」と、一度落ち着いて考えてみましょう。
面接官を面接すると言う事は、あなたが「質問」できるという立場になるということです。調べて分かるような質問をわざわざこの場でするメリットはありませんよね。
それでは、質問の意図と回答のポイントを見てみましょう。

 

質問の意図

「質問の意図を理解し、臨機応変に対応できるか」

「聞き出す能力はどのくらいか」

 

攻略のポイント

①質問の仕方は、答えやすくなるように「何についての質問なのか」主旨を伝える

2つのパターンを見てみましょう。

パターン①
「これだけは覚悟が必要だと思う事は何ですか」
パターン②
それでは、今から仕事の厳しさについてお伺いしたいと思いますが、よろしいですか。営業の仕事をする際、これだけは覚悟が必要だと思う事はなんですか」

 

2つの例文を見てみると分かるように、1には何についての質問をするのかという「主旨」がありません。答える側にとって、明らかに2の方が答えやすくなります。聞く側にとっても、始めに主旨を伝える事でより分かりやすい回答を引き出すことが出来ます。このように、相手に質問をする場合は「何を目的に」するのかを明確にしましょう。面接に限らず、仕事上でも大切なスキルです。

 

志望意欲の高さをアピールする

回答例
「それでは、今後の貴社の事業展開に関する質問です。○○の新しいビジネスモデルについて検討されているようですがA社との競争も激しくなると予想されます。5年後業界でのシェア率はどのくらいまで伸びると予想されますか。」

この質問から、企業研究をしっかり行っていることが分かります。ライバル企業に対するリサーチも行っている点から志望意欲の高さが感じられる質問です。

 

自己成長の意欲をアピールする

回答例

「人材について質問させて頂きます。貴社において3年以内に最も活躍され、実績を出されている方はどのような特徴がありますか。」

実際に活躍している人を尋ねる事で、面接官に自分自身も活躍する人材になりたいというアピールが出来ます。さらに、「3年以内」具体的に数値化することでよりスピード感をもって自己成長を望む姿勢が見受けられます。

 

最後に

いかがだったでしょうか。面接官に対して逆質問する場合は、「自己アピール」に繋げる事を心掛けましょう。質問の仕方については、相手がより答えやすいように配慮する「主旨」の説明を忘れないようにしましょう。



最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る