就活面接で「今朝、新聞は読みましたか」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

面接の質問に、「今日新聞を読みましたか?」「気になるニュースは何ですか?」など、時事問題に精通する質問をされることがあります。今このタイミングで新聞を読んでいない学生は、是非今日から読む習慣を付けて下さい。面接の機会だけでなく、社会に出てからも社会に対する出来事にアンテナを張っておくことは重要です。さらに、面接では新聞を読んでいる前提での質問もあります。(「新聞はどこから読みますか」等)ここでは、新聞を読んでいる前提でどのように答えるのがベストなのか、面接官の意図、攻略のポイントを踏まえて見ていきましょう。

 

【質問の意図】

・アンテナを張っているか

新聞を読むと言う事は、身の回りで起きている出来事以外にマクロ(政治・経済・文化的)な視点で物事を把握しているかと言う事です。その努力を行っているかどうかを確認します。

・どんな視点を絡めるか、業界について興味関心をもっているか

例えば、金融業界を志望している学生が面接の場で「気になるニュース」を聞かれたとき、「プロ野球の~球団の優勝が気になりました。久しぶりに興奮しました」と答えても面接官の評価には繋がりません。「プロ野球球団の優勝で、その経済効果が気になったので調べてみました。●●億円でしたが、他球団よりもその経済効果は低くその原因は~」と言うように、その業界に精通する話題を盛り込んでアプローチすると、同じ事柄でも格段に評価が上がります。

 

【攻略のポイント】

・興味のある記事について、私見を交え、そこから得た情報の活用について話す

読んだ記事の中から考えさせられたもの、予測して起こる事態にどのように考えるかなど、自分の意見を伝える事がポイントです。

 ・志望する会社の業界に精通するネタを選べば高評化に

なかなか難易度が上がりますが、企業にとって社会の動向は、会社の利益やこれからの展望にも影響します。そこを踏まえて、その業界への影響や動向の理解度を示し、自分の意見を伝える事が出来ればアピールに繋がります。

 

それでは、例を見ていきましょう。

 

(回答例)

「読みました。気になった記事は、●●企業が重粒子線の事業拡大に●●とM&Aをするという記事です。現在、国内の医療新設移転が狭間の時期にあると言う事で、どの医療業界も勝負の時に来ているという記事でした。医療業界に限らず、今は国内だけでの企業の拡大は難しくなっていると思います。そんな中での、●●企業とのM&Aは必然だと感じました。海外で戦える企業を目指すに辺り、自分もグローバルな人材とは何か、どういった能力を必要とされるのかを常に考えながら身に付けていきたいと感じました。」

(評価のポイント)

志望する業界が医療業界であり、その業界の大きな問題に言及出来ています。会社が危機感を覚えている問題に対して、少なくとも今の段階で同じように懸念を感じていることを伝える事は、その業界の興味関心度が高いと言う事が言えます。

 

最後に

いかがだったでしょうか。新聞を読んでいることが前提で話を進めてきましたが、万が一その準備が出来ていない場合は、正直に「読んでいません」と答えてください。その上で、社会の情勢をどこから得ているのか、何を感じたにか伝えられるようにしてください。忙しい就活生にとって新聞から情報を得る事は至難の業かもしれません。ネット新聞等を活用して、隙間時間で読む習慣を是非身に付けて下さい。

 



scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png” alt=”友だち追加”
height=”36″ border=”0″ />

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る