就活面接で「教職課程を取っていますが、当社に就職したいと本当に思っているのですか?」と質問された時の対策回答例文

スポンサーリンク

取得している資格と志望業界があっていない場合に同様の質問がされることがあります。
学校で取得できるようになっている以上、取れる資格として取っておこうと考える学生がいるのは当たり前のことです。
しかし、企業にとっては、教員免許を取れた場合、その人がどうするつもりなのか?を気にするのも当たり前なのです。
教職課程を取っている人は、面接の時期が教育実習期間と重なることもあるので、隠さず、正直に回答するようにしましょう。

 

質問の意図
この質問は、一般企業への就職を本気で希望しているかを確認していだけなので、ネガティブに考える必要はありません。
企業が採用したい人材は「この企業で仕事をしっかりしてくれる人」です。
面接官は、本気で志望しているのかどうか見極める必要があるのです。とりあえず内定がほしいだけの人は見抜かれて落とされてしまうでしょう。
返答のコツは、仕事に対する熱意を見せることと、「なぜ志望しているのか」をとにかく明るくハキハキ答えることです。
一番のNGは、曖昧な答え方です。曖昧な返答では、「内定を出しても、本当に来てくれるのか?」という不安を面接官に与えるので、評価が下がってしまいます。

 

それでは実際の回答例をみてみましょう。

悪い例
はい。教員になれば、公務員なので安定すると思いますが、残業も多く、休みが取れないことも多いようなので、一般企業で就職したいと思っています。

解説
「教員に対してネガティブな印象を感じているのなら、なぜ教職課程を取っているのか?」という疑問しか残りません。また、「一般企業に就職したい」では、「当社でなくても…」という印象も受けます。「この企業でなければ…」という熱意をアピールしてください

 

良い例
はい、もちろんです。
教員になることを目標として大学に入りましたが、大学で学んでいくうちに考えが変わってきました。ただ、方向性が変わっても、免許取得の目標だけは達成すべきだと考え、現在も教職課程を継続しています
他にも幅広く勉強するために、簿記2級の資格、秘書検定遵1級の資格も取りましたし、英会話の勉強のため語学留学もしました。
これらで学んだことを御社でも活かせると考えています。ぜひ、よろしくお願いします。

解説
「目標を途中であきらめない」というのは、目標設定力や遂行力を評価する企業からすれば、最高のアピールになります。
人事は「先生になればいいのに」と意地悪を言うかもしれませんが、気にせず堂々とアピールしてください。

最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法とは


最短最速で採用・内定が決まるおすすめの方法についてまとめました。

全就活生、必読の内容です。
記事はコチラから



面接でよく聞かれる質問の模範回答例文集を用意しました

LINE@の友だち限定
「面接でよく聞かれる質問の模範回答10選」
プレゼント!


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る